考察 20140320

ここでは、「考察 20140320」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察

霊術について



前提として私は現在Gv活動をしていないので的外れなことを言ってしまうかもしれません


それでも受け止められる方のみ御覧下さい







霊術について

参加人数の制限

妨害スキルの検討

妨害スキル修正案

総括












参加人数の制限


ここ最近では霊術の人数制限について話す人が多いようです


そもそもこのゲームには人数差や装備差が当たり前のように存在します


Gvに参加できる人数に制限がない以上、数の暴力が成立します
時代は数だよ兄貴!

それは何も霊術に限った話ではなく、シーフなどの超火力や天使の圧倒的な機動力にも"同じことが言える"ということです


「目には目を、歯には歯を」


相手の数が多いなら味方の数も増やせばいいのです


相手のスキルが高いならこちらもスキルを上げましょう


このゲームはそういうシステムでできています


頑張りましょう









































それができたら苦労しません


そうするのが一番いいのですが、普通のギルドはできません
やったところで泥仕合は必至でしょう

しかし、私は霊術の人数について"自粛を求める必要はない"と考えています


私からしてみれば霊術よりもシーフの人数を制限して欲しいところです


かと言ってこんなことを真面目に言ったら批判は避けられないでしょう


脅威度は人によって全く異なります


霊術だけで見たら決定打を持たないゴミです


シーフは単体で見ても圧倒的な脅威になります


しかしこれは私個人の意見です


一般論としては全く通用しません


では仮に"霊術の人数制限"を行ったとします


これで霊術に関して全くの対等と言えるでしょうか?












そんなワケはありません


"装備差"と"Lv差(転生を含む)"があるからです


これらについて"努力が足りない"と批判するのは全くの見当違いです


このゲームにおいてそれらの差を埋めるための手っ取り早い方法が"人数差"だからです


理解できない人はGvをやめたほうがいいでしょう


何を言いたいのかというと"霊術にだけ人数の公平性を求めるのはおかしい"ということです


もちろんお互い合意の上でGvをするのであればそれは関知しません


しかし制限すれば出れなくなる人が出てきます


"他の職で出ればいい"という人もいると思います


ならそういう人こそ"霊術で出ればいい"のです


極論になりますが、現状ではスキル性能で壊れてる魂以外は自粛すべきではありません


そこまで公平さを求めるのであれば決戦でもしてて下さい


一つ言えるのは霊術の参加数が多いGvほど泥仕合化し、お互いに楽しくなくなるということです


かといって一方が多過ぎれば必然的にワンサイドゲームになります


正直言って気に食わないのであればボイコットでも何でも勝手にすればいいと思います


相手をする人がいなくなれば勝手に内部調整を始めて最後には向こうから打診してくるでしょう












妨害スキルの検討

ここでは簡単な検討のみです

一般的に知られていることしか書かないので読み飛ばしても構いません




妨害スキル一覧(※1

20140320霊術妨害一覧


スキルの詳細については外部リンクよりご確認下さい


SLv200と仮定して考察した記事(※2)があったのでそちらを参考にしていきます





(1)腕斬り

言わずと知れた凶悪スキル


SLv200において効果時間は"23秒"と長く、1天使や1火力などのギルドは封殺必至です


少人数ギルドはこれ一つで壊滅しかねません


修正が必要なスキルの筆頭格といえます




(2)胴斬り

SLv200において効果時間は4分間とのことでした


4分間はGvの試合時間において 4/30 = 0.133… ≒ 13.3%となり、1回決まるだけでありえないほど長時間苦しめられます


一瞬の攻撃が勝敗を分けるようなゲームにおいて、4分間はバランスブレイカーと言えます


職業的な考慮としてBISのエレメが無効化されたとします


そうすると知識主体であれば火力は半減、逆に抵抗を稼いでいるとすれば極端な大ダメージとなりどちらもまともにぶつかれなくなります


これではより一層知識の人口が減るのは当然です


ただし抵抗に関してだけ言えばミニPや装備で揃えることもできるので、この場合は前者のみに着目するとします


効果自体に問題はないので、効果時間に上限を設けるべきと言えます




(3)魂斬り

自粛スキルでありぶっ壊れもいいとこなので論外


ここでは割愛させて戴きます




(4)真空斬り

SLv200において効果時間は45秒、CTは120秒


効果時間について言うことはありません


仮に常時真空だとしても上から真空を被せてしまえばいいだけの話です


人数やスキルに関しては最初に論じてあるのでそちらを御覧下さい


被せられないのであれば遠距離の出番なので弓なり知識なりで応戦すればいいと思います


機動力を活用した戦術が台頭している今、設置型のスキルはあまり意味を為していない気がします


真空被せて追い込むとか置き真空で待ち伏せするとかがメインだと思うので引き篭もられたところで脅威には感じません




(5)魂のスイッチ

頑張って避けて下さい(適当)


一度発動すると棒立ちになるので逃げてもよし、捕らえて倒すもよし


案外デメリットも大きいので現状維持でいいと思います


CTが必要かと言われればそうでもないです




(6)ソウルブレイズ

ワームブリーズの台頭で対策されつつあります


死にOPかのように思われていた吸収系が注目されだしたということもあり、エンチャ軽減などの意味でも現状維持でいいかと思われます


それでもCT20秒でこの効果は凶悪かつ広範囲であり、なんらかの改善が必要であると言えます















妨害スキル修正案

修正が必要だと思われる3つのスキルについて


ほかのスキルは考えるのが面倒なので割愛します





(1)腕斬り

魂斬りを除く妨害スキルの中で職を問わず厄介なのがこのスキルでしょう


成功確率(※3

20140320霊術の腕斬り



    ・成功確率(%)= 15 + 0.5 × Slv
    ・効果時間(秒)= 3 + 0.1 × Slv
    




おかしい性能ですね


抵抗貫通成功率は30%で、成功確率は抵抗貫通成功率 + (カリスマ/100)% で算出するものとします


ただしこの状態で上限を設けてしまうと、その分を健康に回されてある意味では余計に厄介になります


修正としては"効果時間の上限設定""成功確率計算式の変更"の2つが挙げられます


ここで最大成功確率を50%とします


・効果時間を最大10秒とした場合

効果時間(秒)= 3 + 0.05 × Slv
抵抗貫通成功率 + (カリスマ/150)%




・効果時間を最大15秒とした場合

効果時間(秒)= 5 + 0.04 × Slv
抵抗貫通成功率 + (カリスマ/200)%



もしくはカリスマの比率を据え置きで抵抗貫通成功率を15~20%くらいしてしまうのもアリだと思います






(2)胴斬り

成功率については腕斬りと同じなのでカット


ただし成功率の上限は60~70%でも大丈夫でしょう


効果時間は単純に半分程度になるように調整したらいいと思います(適当)


腕斬りのためにスキルを頑張ったら銅斬りもえげつない時間になった、くらいの副産物として考えてる方が多いと思います


凶悪なシーフを丸裸にする唯一のスキルなので、これをNERFし過ぎるとシーフに対して太刀打ちすることが難しくなってしまいます









(6)ソウルブレイズ(※4)

コレに関しては吸収で無効化することが主流になってきてるので一見問題はないように思えます


しかし、それでもどう考えても凶悪です


吸収100%を揃えることによって火力や支援のレベルを落とした方が多いかと思います


それはバランスを取る上で結構なことです


ですがここであえて一石を投じたい私はこれに着目しました


"BISや天使のヒーリング系スキルやWIZのアスヒによって火ダメ及び支援が消える"


姫のPOT投げはわからないので放置


ここに改善の余地があると思いました


これを変更すればいいのではないかと


"BISのヒーリング系スキルやWIZのアスヒによって火ダメが消え、支援も剥がれなくなる"


いかがでしょうか


アスヒを残したのは体力が最大の人には使用できないからです


あえて"天使"を削除したのも一つのポイントです


機動力を活かしたGvが増え、BISが姿を消しつつある中でBISのスキルによってブレイズで剥がれなくなったとしたらいかがでしょうか


BISになる手間が増えたりBISを入れるようになることで機動力をいくらかでも削ぐことができるのではないでしょうか


あくまで個人の希望なので実装されたとしてもどうなるか分かりませんが、悪くはないと思います
















総括

①参加人数を規制する必要はない

②スキルの修正が早急に必要である



以上の2つがこの記事の結論になります


総括としていろいろまとめて書きましたがまた長くなった上に反感買いそうなのでお蔵入りさせました












いかがだったでしょうか


それでも少し長くなり過ぎたような気もします






この記事に関して


あくまで個人的な意見なので参考程度にして下さい


顔真っ赤にして猛反論とか批判とかするのはご遠慮下さい





私の心はガラスのハートです(真顔)




そしてこの記事を読んだ下さった方にお願いがあります


"連絡帳から修正案を意見として送信して下さい"


ダメオンに対して無駄のように思えますが、数は必ず力になります


ログインが面倒だという方が多いと思いますが、この記事を読むだけの労力があったのであれば些細な事です


より良いGvを望む方は是非お願いします




ではこの辺で








参考文献(※外部リンク)

※1キャラ育成 霊術師編
※2高Lvについて
※3腕斬り
※4GVにおける霊術のスキル-その5- 「ソウルブレイズ」



関連タグ : REDSTONE, 考察,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://julius3a07.blog.fc2.com/tb.php/442-aefafe2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。